おすすめ生コラーゲン美容液10選!期待できる効果や選び方も紹介

おすすめ生コラーゲン美容液10選!期待できる効果や選び方も紹介

※この記事にはプロモーションを含みます。

profile-image
SUPERVISER
この記事の監修者

美容ライター&インフルエンサー。主にSNSで美容情報を発信し、インフルエンサー&美容ライターとして活動中。YouTubeは登録者数8万人&Instagramのフォロワー2.2万人(2021年8月現在)。日本化粧品検定の資格免許はこちら

おすすめの生コラーゲンの美容液は?

生コラーゲン美容液が気になっているが、実際はどういう効果が期待できるのか分からない人は多いのではないでしょうか?

こんな悩みを抱えている方に向けて、この記事では生コラーゲンが配合されているおすすめの美容液と期待できる効果を紹介します。

美容インフルエンサー

最後まで読むことで、自分にピッタリな生コラーゲン美容液を見つけられるでしょう。

【PR】スキンケアジェルNMバランス

スキンケアジェルNMバランス

「スキンケアジェルNMバランス」がお一人様一点限りでニッピコラーゲン最新の保湿用美容液を試すことができるキャンペーンを開催中!

「保湿しても乾いてしまう」「マスクで肌荒れが増えてしまた」という方にぴったりの生コラーゲン配合美容液です。

少しでも気になる方は以下の公式サイトでチェックしてみてくださいね。

公式サイトはコチラ

生コラーゲン*美容液に期待できる効果は?

生コラーゲン美容液に期待できる効果

美容インフルエンサー

生コラーゲン*美容液について知っていただくために、「生コラーゲン*美容液に期待できる効果」をご紹介します。

高い吸収率で肌の潤いアップ

お肌への吸収率が高く、お肌の潤いを高めてくれることです。

理由は、生コラーゲン*が私たちのお肌に存在しているコラーゲンと同じ3重らせんの構造になっており、塗るとよくお肌に吸収され、お肌の潤いを保ちながら、さらにツヤやキメを整えてくれるからです。

そのため、生コラーゲン*の美容液は浸透*1力がよく、保湿力のある美容液を求めている人にはとてもおすすめです。

ハリや柔らかさなどのエイジングケア*2

ハリ不足や肌のごわつきなどのお肌の問題を防ぎ、エイジングケア*2ができることです。

お肌の中に存在しているコラーゲンは、お肌の支えと、お肌のハリや柔らかさなどを保ってくれる大事な役割を持っています。ただし、年齢とともに、体のコラーゲンを生み出す力が低下し、体内にあるコラーゲンの量も減少していく一方です。

コラーゲンの減少で、お肌が老化し、ハリ不足や肌のごわつきなどにつながります。これらの問題を防ぐために、日頃からエイジングケア*2することがとても大事です。

エイジングケア*2の基本は常にお肌の保湿を保つことですが、よりお肌の問題によくアプローチできるように、美容液を使うのがおすすめです。

美容インフルエンサー

現在様々な美容会社からエイジングケア*2美容液がたくさん出ているのですが、お肌の老化の大きな原因はコラーゲンの減少のため、お肌の中にあるコラーゲンと同じ構造になっている「生コラーゲン」を配合している美容液を使うことによって、さらにハリ不足や肌のごわつきに効果が期待できるので、おすすめです。

生コラーゲン*美容液おすすめ10選!

美容インフルエンサー

どの生コラーゲン*美容液を買えばいいのか分からない人ために、今回はおすすめの生コラーゲン*美容液10選をご紹介します。

【ニッピコラーゲン】スキンケアジェルNMバランス35g

【結論】スキンケアジェルNMバランスがおすすめな人

保湿力が高くお肌のコラーゲンと同じ構造の「生コラーゲン*」と、角質層まで浸透しハリ感をアップする効果が期待できる「ナノコラーゲン*5」と、お肌のキメを整える効果が期待できる独自成分の「メディコラーゲン*5」の3種のコラーゲンを配合し、お肌の表面から角質層までしっかりアプローチしてくれます。

無香料、無着色、保存料フリーのところと、35g入りで朝晩使用で約2ヶ月持つところも嬉しいポイントです。

公式サイトはコチラ

美容インフルエンサー

たっぷりコラーゲン成分を配合している美容液が使いたい人におすすめです。

【FAITH】ラメラモード プレケアエッセンスC


ナノ化されたフェース生コラーゲン*3入り、角質層への浸透力がいい美容液です。ヒアルロン酸Naと加水分解エラスチンも配合し、保湿してくれます。他に整肌効果が期待できるビタミンCの配糖体*4も配合し、お肌のキメを整える効果が期待できます。

そして、お肌に刺激を与えやすいアルコール、着色料、香料、鉱物油、パラベンなどの添加物が無配合で、成分にこだわりのある人でも使えます。

美容インフルエンサー

ちなみに、フェース生コラーゲン*3は品質維持に温度管理が必要で要冷蔵のものになります。お値段が高めなのと要冷蔵のところが少しデメリットですが、美容代にお金をかけても大丈夫な人や、高濃度の生コラーゲン*を配合し、保湿とハリの効果以外、キメを整える効果も期待できる美容液が欲しい人にはおすすめです。

【川井美研】セラムヴィターレ


新鮮な状態のままでパウダー化された生コラーゲン*を配合し、使用する際にパウダー化された生コラーゲン*を専用の美容液と混ぜて使用するため、いつも新鮮な状態の生コラーゲン*でお肌ケアができるのは、この製品の最大の魅力です。

そして、無香料、無着色、鉱物油フリー、パラベンフリーのため、これらの成分が合わない人も使えます。

美容インフルエンサー

こちらもお値段が高めで要冷蔵のものですが、いつも新鮮な状態の生コラーゲンが使いたい人におすすめです。

【ECGコスメ】EC ph5生コラーゲン*


お肌の理想的なpHバランスがやや弱酸性のpH5〜6だと言われています。

このECGコスメのEC pH5生コラーゲン*の美容液は、お肌をpH5~6に保ちながら、生コラーゲン*の成分で保湿ケアとエイジングケア*2をしてくれるため、とても魅力的な生コラーゲン*美容液の1つです。

美容インフルエンサー

お肌のpHバランスが整っていることで、お肌の力が発揮し、健康的なお肌を保ちます。しっかりお肌の根本的なところからケアしたい人におすすめです。

【KOYU】Suikoujun


生コラーゲン*以外、ヒアルロン酸Na、プラセンタエキス 、ビタミンC*6なども配合し、保湿とハリ感をアップも期待できます。

そして、こちらも川井美研のセラムヴィターレの美容液と同じ、パウダー化されたコラーゲンを配合しています。使い方も似ており、専用のローションと混ぜて使います。そのため、いつも新鮮な生コラーゲン*を使うことができます。

美容インフルエンサー

上に紹介した製品より少しコスパがいいので、ご購入の選択肢に入れてみるのもいいでしょう。

【リレント】ラ・セラール ドロゥワートリープ

ラ・セラール ドロゥワートリープは、生コラーゲン*と保湿美容液を混ぜて使うタイプの美容液です。

保湿とエイジングケア*2の他に、キメを整える効果が期待できるビタミンCも配合しています。そして、色んな和漢植物エキスも入っているところがこの美容液の特徴になります。

美容インフルエンサー

自然派で、植物由来の成分が好きな人に特におすすめする製品です。

【each】スキンサプリメント


スキンサプリメントは、お肌のハリ感やツヤをアップしてくれる効果が期待できます。

導入美容液になっているため、洗顔後にすぐつけると、より効果的です。

美容インフルエンサー

お肌に刺激を与えるリスクが少ない点も、成分にこだわりがある人にとって嬉しいポイントです。

【HSC COLLAGEN】奇蹟のソリューション

奇蹟のソリューション

奇蹟のソリューション」は、塗る肌サプリメントと言われ、全成分はただ生コラーゲン*と白金(超微粒子ナノプラチナ)と金(超微粒子ナノゴールド)の3つの成分しかありません。

主役の美容成分しか入っていないため、余計なものが入っていなく、美容成分がたっぷり入っている美容液が欲しい人におすすめです。

美容インフルエンサー

注意点は、防腐剤不使用のため、開封後は使い切るか冷蔵庫に保管し、3日以内に使用しましょう。

【リライ】SSコラーゲン美容液

【リライ】SSコラーゲン美容液

生コラーゲン*の美容原液で、今日紹介した製品の中で一番プチプラで手を出しやすい価格のものです。

原液のため、美容成分は生コラーゲン*のみですが、グリセリンも配合しているため、保湿効果が期待できます。

auPAYマーケットはこちら

美容インフルエンサー

生コラーゲン*の美容液が使いたいが、手頃なお値段の美容液が欲しい人におすすめです。

【しあわせ家族生活】プレミアム生コラーゲン* プレケアエッセンス


生コラーゲン*と高良人参エキス*7を配合し、常温で保存可能な生コラーゲン*美容液です。

高濃度の生コラーゲン*が配合されている美容液は、要冷蔵のものが多いですが、こちらの美容液が常温で保存できるため、簡単に管理でき、携帯にも便利です。

美容インフルエンサー

そして、名前通りに、プレケアエッセンスになっているため、洗顔後に使うことがおすすめされ、効果的な使い方です。

生コラーゲン*美容液の正しい選び方

生コラーゲン美容液の正しい選び方

美容インフルエンサー

生コラーゲン*美容液の選び方についても解説します。

美容液成分も確かめる

生コラーゲン*美容液を選ぶ際に、生コラーゲン以外の美容液成分の有無についても確認しておきましょう。

生コラーゲン*を配合しているものは、基本保湿の効果が期待できますが、美容液は化粧水やクリームより美容液成分が高配合されていることが多く、美容の効果がしっかり期待できるため、お値段が高めのものが多いです。

せっかく購入するなら、たくさん美容液成分を配合しているものを選ぶのがいいでしょう。または、ご自分のニーズに合った美容液を選ぶのがおすすめです。

例えば、くすみが気になり、メラニンの生成を抑え、シミやそばかすなどを防ぐ美白効果もある美容液が欲しければ、ビタミンCやナイアシンアミドなどが配合されている医薬部外品を選んだり、しっかりエイジングケア*2したければ、レチノール*8などが配合されている医薬部外品を選んだりするといいでしょう。

敏感肌の人は刺激物にも注意する

美容液成分以外、お肌に刺激を与える成分も入っているかを確認しておきましょう。

特に敏感肌の人は、自分のお肌に合わない成分をしっかり把握し、合わない成分が入っているものを避けた方がいいです。

よくお肌に刺激を与えやすい成分だと知られているのは、例えば、アルコールや、香料、着色料などです。

購入の際に、これらの成分の有無について確認するのがいいでしょう。

続けやすいコストのものを選ぶ

たとえどんなに良くて効果的な美容液でも、継続的に使わないと、お肌の良い状態やその効果を保つのに難しいでしょう。そのため、継続的に使えるように、自分の予算にあったコストのものなのか、検討しないといけないです。

美容液はだいたい30ml.からのものが多く、毎日継続的に使うと、約1〜2ヶ月で使い切ることが多いです。ご購入を検討する際に、1日や1ヶ月あたりのお値段を計算してみるのがいいでしょう。

続けやすいお値段であれば、ご購入の選択肢に入れてみるのがおすすめです。

生コラーゲン*美容液を使用する際の注意点

生コラーゲン美容液を使用する際の注意点

美容インフルエンサー

使用の際の注意点を初心者にもわかりやすく解説します。

一部製品を除き冷蔵庫で保存する

生コラーゲンは、他の成分と異なり温度管理に少し難しい成分です。本来の性能や状態を維持するために、適切な温度で保存しないといけないです。

すべての製品ではないですが、要冷蔵の製品は、いつまでも新鮮でいい状態を保つために必ず冷蔵庫で保存しましょう。

美容インフルエンサー

要冷蔵だと書いていない製品は、冷蔵庫で保存しなくても大丈夫です。

この場合は一般の製品と同じく普通に直射日光や高温、多湿を避け、保存するのがいいでしょう。

使用期限は守る

スキンケアは直接お肌に塗るもののため、慎重に使用した方がいいです。特に気をつけるべきことは、使用期限です。

美容液の使用期限は、開封してから長くても6ヶ月くらいです。例外のものもあるため、ご使用の際に、しっかり製品の取り扱い説明書などを確認しましょう。

たとえ質感などが変わっていなくても、使用期限がすぎた物のご使用はやめましょう。理由はお肌によかった成分が、菌の繁殖や品質の変化でお肌に悪い影響や刺激を与える成分になった可能性があるからです。

美容インフルエンサー

今までせっかくお肌の良い状態を保ってきたのに、品質が変わったものを使ったことによってお肌のトラブルが起きたら、全てが台無しになります。

そうならないように、しっかり使用期限を守りましょう。

肌の異常を感じたらすぐに使用をやめる

たとえどんなに有名な美容液であったり、高い美容液であったりしても、ご使用の後に、お肌の異常を感じれば、すぐにご使用をやめましょう。

一度お肌のトラブルが起きると、治るのに結構時間がかかり、高い治療を受ける場合もあります。

美容インフルエンサー

異常を感じたら、迷いなくご使用をやめ、皮膚科の先生などに相談しましょう。

まとめ|生コラーゲン*美容液でもっちり肌を目指そう

まとめ|生コラーゲン美容液でもっちり肌を目指そう

美容液は高めのものが多く、お買い物で失敗しないためにご自分に合ったものをしっかり探してから、購入することがおすすめです。

今回は、おすすめの生コラーゲン*美容液10選!をご紹介しました。少しでもお買い物にお役に立てれば幸いです。

ご自分に合った美容液を選び、毎日しっかりお肌をケアし、ハリ感のあるもっちり潤い肌を目指しましょう!

*水溶性コラーゲン
*1角質層まで
*2年齢に応じたお手入れ
*3生体リン脂質(水添レシチン)、生コラーゲン(水溶性コラーゲン)、フィトステロールズ:潤い成分
*4アスコルビルグルコシド
*5加水分解コラーゲン(保湿成分)
*6リン酸アスコルビルMg
*7オタネニンジン根エキス
*8抗しわ成分

※この記事はPRを含むため、薬機法医療法適法広告代理店規格のYMAAマークを取得している、薬機法、医療広告ガイドラインの知識を習得した広告取扱者により記事のチェックをしていただき、この記事を作成しております。対応していただいている広告取扱者の資格はこちら。※個人情報保護のため個人名は伏せています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です