肌の潤い不足の原因は?乾燥肌の体質改善に役立つ食べ物など紹介

肌の潤い不足の原因は?乾燥肌の体質改善に役立つ食べ物など紹介

※この記事にはプロモーションを含みます。

profile-image
SUPERVISER
この記事の監修者

美容ライター&インフルエンサー。主にSNSで美容情報を発信し、インフルエンサー&美容ライターとして活動中。YouTubeは登録者数8万人&Instagramのフォロワー2.2万人(2021年8月現在)。日本化粧品検定の資格免許はこちら

なぜか肌の乾燥が収まらない……。私ってもしかして乾燥肌? どんなケアをすればいいのだろう?

肌のツッパリ感やカサカサ感が取れず、頑固な乾燥に悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

日本人の肌は構造上乾燥しやすいと言われていますが、正しい保湿ケアや体質改善に努めることで、肌の瑞々しさを保つことができます。

そこでこの記事では、肌が潤い不足のときに見せるサインや化粧水での保湿に効果を感じられない理由などについて解説します。

記事の後半では、潤いケアや体質ケアに役立つ食べ物なども紹介しているので、乾燥肌や角質層が乾燥するインナードライ*肌に悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

*角質層まで

この記事のまとめ
  • 肌の潤い不足サインを知り、ケアのタイミングがわかるようになる
  • 肌に化粧水の水分が入らない理由がわかり、適切なケアのアイデアを得られる
  • 乾燥対策に役立つ食べ物や栄養素がわかり、食生活改善につながる

肌の潤い不足のサインは?インナードライ*肌とは違う?

肌の潤い不足のサインは?インナードライ*肌とは違う?

肌が乾燥したときに現れる代表的な症状は、ツッパリ感やカサカサ感などです。しかし、それ以外にも、肌が出している潤い不足のサインはたくさんあり、ケアが必要なタイミングを教えようとしています。

そこで、肌の乾燥を見逃さないために、潤い不足のサインについて解説します。

並びに、乾燥肌と混同しやすい「インナードライ*」肌についても紹介するので、自分に当てはまるかどうか確認してみてください。

*角質層まで

乾燥肌は肌のツッパリ感や痒みを感じる

乾燥肌とは主に、肌の油分(皮脂)と水分とのどちらもが不足した状態のことを指します。したがって乾燥肌になると、肌の潤いが不足し、ツッパリ感や痒み、カサカサ感などの症状が表れます。

皮脂の過剰分泌も、肌の潤いが不足しているサインの1つです。皮脂が増えると、肌の角質に皮脂が詰まりやすくなり、ニキビ肌や黒ずみの原因となりかねないので、注意が必要です。

また粉吹き肌も、見逃してはいけない乾燥のサインです。

粉吹き肌は、外側の角層が乾燥によって剥がれかけている状態なので、より一層丁寧な乾燥対策と肌のターンオーバーを整えるためのケアが大切になります。

手やかかとに水分がない

乾燥肌の人は、顔だけでなく、手やかかとの水分量も不足しがちです。

手の小ジワが目立つ、かかとの皮がめくれる、ガサガサしている、などの症状がある方は、水分が足りていない可能性があります。

とくに手の瑞々しさは、顔の肌と同様に、自分の印象を左右する大切なパーツです。スキンケアの工程では、顔と共にハンドケアもできると望ましいでしょう。

インナードライ*肌は水分が不足し油分が多い

乾燥肌と混同されやすい肌タイプに、インナードライ*肌と呼ばれるものがあります。

インナードライ*肌は、潤いも皮脂も不足している乾燥肌とは異なり、皮膚表面が皮脂でべたついているのに、角質層までの水分が足りていない状態です。

インナードライ*肌は皮脂が過剰分泌されやすいため、手で撫でるとベタっとしたり、鏡で見るとテカテカしていたりするところが特徴です。

皮脂がよく出ているにもかかわらず、カサつきやツッパリ感がある場合、乾燥肌用やオイリー肌用のスキンケアアイテムよりも、インナードライ*肌用のものと相性がよい可能性が高いのでチェックしてみてください。

*角質層まで

美容インフルエンサー

インナードライ*肌をオイリー肌と混同してしまう方もいるので、違いを簡単に説明しますと、インナードライ*肌は皮脂が多いですが水分が少ないです。しかし、オイリー肌は皮脂も水分も多い状態の肌のことです。

乾燥肌もインナードライ*肌も潤い不足が原因

乾燥肌もインナードライ*肌も、主な肌トラブルの原因は潤い不足です。そのため、スキンケアでは、肌に潤いを与えることを最優先にするとよいでしょう。

また、乾燥肌・インナードライ*肌の人は、肌の赤みやニキビなどの症状に悩んでいるケースも多いですが、まずは潤い不足を解消し、正常なターンオーバーに戻すことが大切です。

ニキビなどの症状へのピンポイントなケアは、潤い不足を解消した後に始めても遅くはありません。

*角質層まで

化粧水が肌*に水分が入らない理由

化粧水が肌*に水分が入らない理由

乾燥肌やインナードライ*肌の潤い不足を解消するために化粧水をしっかり塗っているにもかかわらず、「なぜか肌に水分が入っていかない」と感じている人もいると思います。

肌*に化粧水が入っていかないと感じる場合は、加齢のほかに、下記のような原因が考えられます。

*角質層まで

肌のターンオーバーが遅れ角質層が詰まるから

肌のターンオーバーが乱れると、古い角質層が肌を硬くしたり、角質層が詰まったりします。その結果、化粧水の浸透*1が悪くなってしまいます。

ターンオーバーの乱れは、肌荒れや肌の加齢を感じさせる原因ともなるので、潤いケアと並行して対応することが望ましいでしょう。

*1角質層まで

美容インフルエンサー

角質ケアに特化した成分と知られているのは、AHAやBHAなどです。これらの成分を配合しているスキンケアを使うことで、角質ケアができターンオーバー促進の効果も期待できます。

肌の潤い不足の改善方法は?肌の水分量を保つ方法

肌の潤い不足の改善方法は?肌の水分量を保つ方法

肌の潤い不足が慢性化すると、肌の柔らかさが損なわれたり、シミや小ジワ、くすみなどのトラブルを招いたりする場合があります。

それらの不調を感じない健やかな肌を保つために、肌の水分量を保つことが大切です。

肌の水分量を保つためのケアとして、下記の3つのポイントに注意してみてください。

美容液は高保湿成分配合のものを使う

美容液は、高保湿成分配合のものを選びましょう。

成分にコラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなどが含まれているものは、潤いを保つ効果が高いとされています。

また、塗ったときのテクスチャーにとろみがついているものは、サラサラした水っぽい美容液よりも保湿効果に優れています。

自分の肌との相性が不安な場合は、試供品やお試しサイズのものから選んでみることをオススメします。

乾燥肌や手の乾燥の体質改善には水分補給

顔や手の乾燥が気になる方や、インナードライ*肌の方は、日常的な水分補給にも気を遣えるとよいでしょう。

水を沢山飲むと肌の瑞々しさが保たれ、乾燥しづらくなるため、普段から水分補給を怠りがちな人は意識して飲むようにしてください。

飲むものは、ジュースやお茶などではなく、糖分やカフェインなどの余分な成分が入っていない水がオススメです。

経口摂取した水分が全身に行き届くまでは時差があるので、少量を数十分から1時間の感覚で継続して飲むようにしてください。

50kgの女性は、1日あたり2リットルの水分を摂取する必要があるので、普段から水筒を持ち歩いたり、コップを手元に置いておいたりすると継続しやすくオススメです。

*角質層まで

美容インフルエンサー

水分を摂取することで、乾燥の問題改善だけではなく、体内のデトックス効果なども期待できるのでとてもおすすめです。

インナードライ*肌は乳液もしっかり付ける

インナードライ*肌の方は表皮のベタつく感じから、「皮脂が過剰にあるため、乳液をつけないほうがよいのではないか」と悩む人が多いと思います。

しかしそれは間違いで、インナードライ*肌の人こそ乳液での保湿ケアが大切です。

インナードライ*肌は、角質層までの水分不足が原因で皮脂が過剰分泌されている状態なので、乳液での保湿ケアに気を付けることで、肌を健やかな状態に保ちやすくなります。

美容インフルエンサー

また、乳液はエモリエント効果もあり、肌から水分を逃さないようにしてくれます。そのため、長時間保湿を保ち、乾燥の問題が改善されるようになります。

乳液のテクスチャーは、自分の肌との相性を優先して選びましょう。

肌への刺激が気になる方は、サッパリしたテクスチャーの乳液のほうが肌に合う場合があります。

*角質層まで

結論|ニッピ スキンケアジェルNMバランスがおすすめ

スキンケアジェルNMバランス

乾燥肌やインナードライ*肌の方にオススメの美容液は「ニッピ スキンケアジェルNMバランス」です。

ニッピコラーゲンから販売されている「ニッピ スキンケアジェルNMバランス」は、3種類の異なるコラーゲンが配合されており、肌をしっかり潤し、整える効果を期待できます。

配合されている3種類のコラーゲンとは、肌と同じ3重らせん構造の「生コラーゲン*1」、肌に浸透しやすい低分子の「ナノコラーゲン*2」、肌のキメを整える「メディコラーゲン*2」です。

コラーゲンのほかは、肌に元から含まれる成分しか配合していないシンプル処方の美容液なので、成分が気になる方でも選びやすいところが特徴的です。

販売価格は35g9,900円で、公式サイトのほか、Amazonなどの大手販売サイトからも購入できます。

*角質層まで

美容インフルエンサー

成分がとてもシンプルですが、保湿に特化した美容液なので、乾燥肌やインナードライ*肌におすすめです。

口コミ・評判

化粧品以外も大切!肌に潤いがないときに食べたい食べ物

化粧品以外も大切!肌に潤いがないときに食べたい食べ物

肌の潤い不足を解消し、瑞々しさを保つためには、スキンケアや水分補給だけでなく、食事の見直しも効果的です。

この項目では、肌に潤いがないときに積極的に取り入れたい食材や栄養素について解説します。

ビタミンAを摂取!にんじんや海藻類

ビタミンAは、脂溶性ビタミンで、皮つきのにんじんや海藻類、レバーなどから効率よく摂取できます。

主に果物や野菜から摂取できるイメージのビタミンですが、ビタミンAに関してはレバーやマグロ、バターなどの動物性食品に多く含まれています。

ビタミンAは、皮膚や粘膜を健やかに保つだけでなく、目の機能をよい状態に保つためにも必要な栄養素なので、パソコンやスマホなどで目を酷使する人はとくに積極的に摂取したいところです。

ビタミンAは肝臓で貯蓄されているため、日常的に不足することは多くありませんが、ダイエットなどで動物性の食材を頻繁に抜く方は、やや注意した方がよさそうです。

たんぱく質も大切!鶏肉や魚介類・タマゴ

肌を若々しく保つためには、たんぱく質の摂取も大切です。私たちの肌には、肌の弾力を保つコラーゲンが含まれています。

このコラーゲンはたんぱく質の一種で、不足すると肌の瑞々しさが損なわれ、小ジワや乾燥の一因となります。

たんぱく質は、鶏肉や魚介類、タマゴなどに多く含まれるので、積極的に取り入れましょう。

ダイエットなどで食事制限をしている場合でも、サラダチキンや脂肪分が少ない白身魚などから摂取できると望ましいです。

ちなみに鮭は、魚のなかでは珍しく、ビタミンB群をすべて含むので、手軽に栄養素を補いたい方にオススメの食材です。なお、鮭の皮にはコラーゲンが豊富に含まれるので、残さす召し上がってください。

美容インフルエンサー

他に、大豆もたんぱく質が豊富な食べ物とよく知られ、女性ホルモンの「エストロゲン」と似た働きをしている成分も配合しているのでおすすめです。

お肌の要のビタミンC!赤ピーマンやセロリ・果物

水溶性ビタミンの一種であるビタミンCは、細胞を保護する働きのほか、コラーゲンの生成を補助する働きを持っています。

またビタミンCには健康面でも美容面でも、体を若々しく保つ効果があるので、積極的に取り入れたい栄養素だと言えるでしょう。

ビタミンCは赤ピーマンやセロリ、アセロラやキウイフルーツなどの果物類に含まれています。

朝食にフルーツを一品プラスしたり、おやつ代わりにフルーツを取り入れたりするなどして、積極的にビタミンCを摂取しましょう。

食事での摂取が難しい場合は、サプリメント等で代用するのも一つの手ですが、頼り過ぎないように気をつけてください。

まとめ|肌の潤い不足は美容液や食べ物で改善しよう!

まとめ|肌の潤い不足は美容液や食べ物で改善しよう!

乾燥肌やインナードライ*肌は、肌の潤い不足や体の水分不足などの原因で起こります。

そのため、「ニッピ スキンケアジェルNMバランス」などの保湿効果が高い美容液を取り入れたり、意識的に水分補給したりするなどして、体に潤いが不足しないように心がけましょう。

また、私たちの体や肌は、食べた物によって作られるものです。

そのため、肌を健やかで瑞々しく保つためには、ビタミンAやビタミンC、たんぱく質などが含まれる良質な食べ物を取り入れることが望ましいです。

日々の食事にサラダやフルーツを一品加えるだけでも効果的なので、ぜひ取り入れてみてください。

*角質層まで

※この記事はPRを含むため、薬機法医療法適法広告代理店規格のYMAAマークを取得している、薬機法、医療広告ガイドラインの知識を習得した広告取扱者により記事のチェックをしていただき、この記事を作成しております。対応していただいている広告取扱者の資格はこちら。※個人情報保護のため個人名は伏せています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です