コラーゲンドリンク(飲むコラーゲン)はいつ飲む?効果的な飲み方や摂取方法を解説

コラーゲンドリンク(飲むコラーゲン)はいつ飲む?効果的な飲み方や摂取方法を解説

※この記事にはプロモーションを含みます。

profile-image
SUPERVISER
この記事の監修者

管理栄養士。昭和女子大学を卒業後、調剤薬局に就職し栄養相談を担当。現在はフリーランスとして活動。

コラーゲンドリンク(飲むコラーゲン)はいつ飲むといいの?

コラーゲンドリンク(飲むコラーゲン)の効果的な飲み方や摂取方法は?

「肌が潤う*」「関節の動きをサポート*」など、コラーゲンに対するイメージは私たちの中でポジティブなはずです。

ドラックストアだけでなく、今やコンビニエンスストア、スーパーマーケットやネットショップでもよく目にするようになった「コラーゲンドリンク(飲むコラーゲン)(通称:コラーゲンドリンク)」。

気軽に手に入ることから、タイミングや飲み方を意識せずに摂っていませんか?

せっかくコラーゲンドリンク(飲むコラーゲン)を摂取するのであれば、美容や健康に役立たせたいですよね。

*機能性表示食品に限る

この記事のまとめ
  • 継続的に摂取できるタイミングを意識する
  • 「コラーゲンドリンク(飲むコラーゲン)」単独ではなく、ビタミンやプロリンと一緒に摂る

上記の2つが、美容や健康を目指す一番の近道です。

管理栄養士

この記事では、栄養学を踏まえ、「コラーゲンドリンク(飲むコラーゲン)をもっと有効に活用するためにはどうすればいいのかを解説します。

【PR】ニッピコラーゲン100が999円(税込)

ニッピコラーゲン100

ニッピコラーゲン100」が初回限定で999円(税込)で試すことができるキャンペーンを開催中!

体に吸収されやすい「コラーゲンペプチド」だけを使っており、無味無臭なので老若男女関係なく誰でもおすすめです。

少しでも気になる方は以下の公式サイトでチェックしてみてくださいね。

公式サイトはコチラ

コラーゲンドリンク(飲むコラーゲン)を飲むのに最適なタイミングは?

コラーゲンドリンク(飲むコラーゲン)を飲むのに最適なタイミング

人によって“コラーゲンドリンク(飲むコラーゲン)”を摂取するタイミングはバラバラですよね。

  • 「偏った食事だったから、とりあえず飲んでおこう!」
  • 「化粧のノリが悪いから、仕事の休憩時に飲もう!」

といったように気が向いたときに飲む方を多く見受けます。

次の4つの飲むタイミングには、異なるメリットがあります。

  1. 成長ホルモンに期待できる就寝前
  2. ビタミンの手助けがある食後
  3. 代謝が活発になる時間早朝
  4. 抜群な継続効果が得られる独自の時間帯

性別や年齢に関係なく、自分に合ったタイミングを知ることが大切です。

効果的な飲み方をすることで、美容や健康を手に入れるためのスタートラインに立つことができます。

管理栄養士

最適な摂取タイミングをお伝えするために、それぞれの飲むタイミングのメリットを詳しく解説します。

一番のおすすめは夜寝る前

一番のおすすめは夜寝る前

“コラーゲンドリンク(飲むコラーゲン)”を摂取するタイミングとして、就寝前を推奨しているメーカーがあります。

なぜなら、“肌が生まれ変わろうとする力”が最大限になるのは夜だからです。

“肌が生まれ変わろうとする力”は成長ホルモンの分泌により働きます。

つまり、成長ホルモンの分泌を最も有効に活用できるタイミングが就寝前だからです。

成長ホルモンの働き

成長ホルモンときくと、「思春期にたくさん分泌するホルモンだよね?」と思う方も多いかもしれません。

成長ホルモンは、子どもの成長期に分泌されるホルモンというイメージが強いですよね。

管理栄養士

成長ホルモンは、子どもの身長を伸ばすことだけが役割ではなく大人にとっても重要な働きをします。

成長ホルモンの重要な働きの一つに「修復」という役割があります。

「修復」というのは、食事から摂った栄養素をエネルギーに変え、骨、血液、筋肉や脂肪などを再生させることです。

さらに修復に加え、古くていらなくなったものを捨てる作業をしてくれます。

そのため、成長ホルモンの働きにより、私たちの肌も関節も血管も健康を維持できるのです。

成長ホルモンの正体とは?

実は、「成長ホルモン」と「コラーゲン」はどちらもアミノ酸からできている「たんぱく質」です。

そのため、「消化されてアミノ酸となったコラーゲンがどのように身体で使われるのか」ということがカギとなります。

就寝前にコラーゲンを摂取すると、次の2つの時間が重なる可能性があります。

  • コラーゲンが身体の中でアミノ酸に分解される時間
  • 成長ホルモンが働く時間

「コラーゲンを消化する時間」と「成長ホルモンが働く時間」が重なることで、コラーゲンが成長ホルモンの働きを手助けすることが期待できます。

成長ホルモンの作業する力が上がることにより、肌の修復、いわゆる“ターンオーバー”の促進に繋がるのです。

参考:コラーゲンの効果的な摂取方法|美肌インナーケアコラム| アルフェ | 大正製薬

消化吸収の良い食後

消化吸収の良い食後

管理栄養士

“コラーゲンドリンク(飲むコラーゲン)”の中には、コラーゲンだけでなくビタミンが入っている製品が多くあります。

美容効果のサポートとして、ビタミンが配合されているのです。

美容サポート成分としてビタミンを、有効に利用しましょう。

ビタミンを最大限に活用するためには、食後がオススメです。

ビタミンは、一緒に食べるものにより吸収率が変わります。

特に油と深く関わっている「脂溶性ビタミン」は、油と一緒に食べることで吸収率が上がります。

例えば、「サラダを食べるときにノンオイルドレッシングをかけて食べるよりも、オイル入りドレッシングをかけて食べるほうがいい」ときいたことはありませんか?

オイル入りドレッシングを選ぶことで、野菜に含まれる脂溶性ビタミンの吸収率が上がり、ビタミンをより多く摂取できます。

そして、食事により摂取したビタミンがコラーゲンの吸収を手助けする可能性があります。

そのため、ビタミンが入っていない“コラーゲンドリンク(飲むコラーゲン)”でも食後に飲むメリットがあるのです。

食後に“コラーゲンドリンク(飲むコラーゲン)”を摂ることで、食事で摂取したビタミンを有効に活用できます。

早朝のお腹がすいているとき

早朝のお腹がすいているとき

管理栄養士

早朝は起きたばかりのため、空腹状態ですよね。

空腹時は代謝が活発になるため、“コラーゲンドリンク(飲むコラーゲン)”を摂取することにメリットが全くないとは言い切れません。

例えば、海外メーカーが販売しているコラーゲンアップは“空腹時に飲むこと”を推奨されています。

その商品の詳細はこちら

私たちは、食事を多少しなくても動くことができますよね。

なぜなら、空腹のとき、身体は蓄えていた栄養素をエネルギーに変えているからです。

身体は分解した栄養素を蓄えておき、必要なときにエネルギーとして使うことができるのです。

早朝は体内で水分や栄養素などが減った状態なため、たんぱく質からもエネルギーをつくりだす必要があります。

コラーゲンもたんぱく質であるため、体内でアミノ酸へと分解されますが、どのような役割を担うのかは身体の状態によって変化します。

つまり、身体を構成する上で必要不可欠なコラーゲンですが、身体の中でもコラーゲンとして働くとは限らないのです。

たんぱく質をエネルギーに変えるためには、アミノ酸やビタミンがなくてはなりません。

そのため、空腹時の場合、摂取したコラーゲンはコラーゲンの生成よりもエネルギーの生成に使われることが期待できます。

アミノ酸やビタミンが多く必要となる空腹時に“コラーゲンドリンク(飲むコラーゲン)”を摂取することにより、身体の代謝を手助けすることに繋がります。

習慣にさせやすい時間帯

習慣にさせやすい時間帯

管理栄養士

就寝時、食前後や早朝に“コラーゲンドリンク(飲むコラーゲン)”を摂取するメリットはあります。

しかし、偏った食生活をしている場合、気が向いたときだけ摂取しても効果を実感することは難しいでしょう。

“コラーゲンドリンク(飲むコラーゲン)”を継続できる時間に摂ることが、美容や健康を維持することに繋がります。

食生活が乱れているのであれば、食事から必要なアミノ酸を摂取できていない可能性が高いです。

アミノ酸が足りない状態が続くと、身体に蓄えているアミノ酸をどんどん使うことになります。

具体的な例として、寝たきりの高齢者の多くが“低栄養”の状態に陥っていることがあげられます。

口からものを食べることができない方がほとんどなので、アミノ酸が不足して“低栄養”と診断されるのです。

アミノ酸には胎内で作ることができるものとできないものがある

アミノ酸には体内でつくることができるものと、できないものがあります。

体内でつくることができないアミノ酸の摂取はもちろん必要です。

しかし、身体に十分な栄養素がなければ、体内でつくることができるはずのアミノ酸でさえも不足してしまいます。

年を取ると関節痛や肌のたるみ、シワに悩まされるのは、体内でコラーゲンをつくる力が、年齢とともに衰えていくからです。

管理栄養士

偏った食生活により、十分なアミノ酸が継続的に摂取できていなければ、美肌も健康も維持することはできません。

ぜひ、習慣にできる時間帯での摂取を試してみてください。

コラーゲンドリンク(飲むコラーゲン)の効果を高める摂取方法は?

コラーゲンドリンク(飲むコラーゲン)の効果を高める摂取方法

管理栄養士

多くの薬やサプリメントには効果に影響を与える摂取方法が存在しますね。

食材やコラーゲンの摂取方法によっても、効果に影響を与えることがあります。

例えば、『にんじん×大根』の相性は科学的によくありません。

“アスコルビナーゼ”というビタミンCを壊す酵素がにんじんに含まれているので、一緒に食べると大根のビタミンC摂取量に影響を与えるのです。

せっかく大根にはビタミンCがたくさん含まれているのに、にんじんと組み合わせることでビタミンC摂取量が減ってしまいます。

食生活において、食べ合わせを気にすることは少ないかもしれません。

しかし、食材に相性があるように、“コラーゲンドリンク(飲むコラーゲン)”にも相性があります。

“コラーゲンドリンク(飲むコラーゲン)”を効果的に摂取するには、次の3つが大切です。

  1. ビタミンCやプロリンを活用する
  2. 摂取量を守る
  3. UVケアを徹底する

摂取方法を少し変える工夫をするだけで、効果に違いがでるのですから、できることだけでも実践してください。

ビタミンCを一緒に取るようにする

ビタミンCを一緒に取るようにする

管理栄養士

身体がコラーゲンなどのたんぱく質をつくるには、アミノ酸以外にもビタミンやミネラルが必要です。

特にコラーゲンに関しては、ビタミンC が大きく影響します。

ビタミンCがなければ、せっかくコラーゲンをつくるアミノ酸があっても、体内でつくることができないのです。

そのため、コラーゲンをつくりだすにはビタミンCの十分な補給が欠かせません。

また違う見方をすれば、“ビタミンCが失われる行為”を避けることが大切とも言えます。

“ビタミンCが失われる行為”は、私たちの生活の中にたくさん潜んでいます。

例えば次の4つがあげられます。

  1. 風邪をひく
  2. タバコを吸う
  3. お酒を飲む
  4. 疲労や睡眠不足により、ストレスを感じる

“ビタミンCが失われる行為”はできる限り避け、しっかり食べて補いましょう。

ビタミンCは身体で必要な分しか使われず、必要なかった分は尿として出ます。

そのため、ビタミンCは、食事から摂る場合は摂りすぎてしまう可能性は低く、積極的に摂り入れることをオススメします。

美容や健康を目指すのであれば、生活習慣を見直して、偏った食生活をせずに過ごすことが何よりも大切です。

肌の再生を助けるプロリンも摂取する

肌の再生を助けるプロリンも摂取する

管理栄養士

「プロリン」とは、コラーゲンをつくる主要なアミノ酸です。

プロリンを摂取することで、コラーゲン生成の促進に繋がることが考えられます。

プロリンはコラーゲンを構成するアミノ酸のため、コラーゲンに比べて分子量が小さく、吸収率が高いこともメリットです。

また、プロリンは皮膚の細胞を活性し、ヒアルロン酸を増やすという研究報告があります。

参考:Collagen-derived dipeptide, proline-hydroxyproline, stimulates cell proliferation and hyaluronic acid synthesis in cultured human dermal fibroblasts – PubMed

ヒアルロン酸は、細胞と細胞の間で水分や弾力を保つ役割をしており、美肌には欠かせない存在です。

プロリンが不足すると、下の3つのような悪影響を身体に及ぼす可能性があります。

  1. 肌が老化し、ハリがなくなる
  2. ケガの治りが悪くなる
  3. 関節痛がでてくる

TVでスポーツ選手がアミノ酸飲料の摂取を頻繁にしている場面を観たことがありませんか?

ケガや関節痛の予防を行いつつ、肉体づくりに励むアスリートたちの多くは、プロリンが配合されたアミノ酸補給飲料を活用しています。

プロリンを摂り入れることが、コラーゲン生成の手助けになる可能性があるのです。

コラーゲンの摂り過ぎに注意する

コラーゲンの摂り過ぎに注意する

管理栄養士

美容や健康に興味がある方は、「コラーゲンをたくさん食べなきゃ!」と思いますよね。

同じ種類のアミノ酸を1日に10g以上摂取したために、ショック症状を引き起こしたという事例があります。

そのため、コラーゲンに摂取上限はありませんが、偏った摂取には注意をしてください。

コラーゲンやコラーゲンペプチド粉末の摂りすぎには意識を向ける必要があります。

味噌汁や飲み物に加えて摂取することが多く、どれくらい摂取したのか把握し忘れてしまい、1日の量を気にしにくくなるのです。

たんぱく質はアミノ酸からできていますが、アミノ酸には身体でつくることができるものと、できないものがあります。

たんぱく質を構成する20種のアミノ酸のうち、身体の中で作ることのできるアミノ酸は11種です。

残りの9種は身体の中で作ることができないので、食べることで補う必要があります。

アミノ酸は身体で生成できる

実は、コラーゲンを構成するアミノ酸は身体の中でつくることができるものです。

そのため、「コラーゲンをどれくらい食べればいいのか」といった、いわゆる摂取基準は定めることができません。

ただ、たんぱく質については、どれくらい食べればいいのかが明確です。

たんぱく質の1日の摂取量の目安ですが、細かい量は体重、年齢や性別によって変わりますが、ごはん1杯、お肉100g、魚1切れ、納豆1パック、牛乳コップ2杯をすべて食べると、1日に必要なたんぱく質の量は満たします。

必要なたんぱく質をしっかり食べ、“コラーゲンドリンク(飲むコラーゲン)”を摂取する際には、摂取目安量をしっかり確認しましょう。

参考:よくある質問と答え|FAQ|オルニチン研究会

UVケアも怠らない

UVケアも怠らない

「こまめに日焼け止めを塗る」、「日傘を持ち歩く」、「長袖を着て、日陰を選んで歩く」

紫外線対策をしなければと思いつつもなかなか実行するのは大変ですよね。

しかし、紫外線が皮膚のコラーゲンに与える影響はあなどれません。

コラーゲンの大敵は、美肌の大敵ともいえます。

  • 紫外線
  • 栄養不足
  • 喫煙
  • 飲酒
  • 加齢

上記の5つは肌のコラーゲンやヒアルロン酸を破壊することが分かっています。

特に、紫外線の影響は大きく、“紫外線対策をして生活をしてきた人”と、“対策をせずに過ごしてきた人”とでは肌の状態に差がでます。

紫外線を一時的に浴びた場合であれば、身体の代謝により修復されます。

しかし、対策をせずに毎日のように紫外線を浴びている場合は、シミ、シワやたるみに繋がるのです。

身体が肌を修復する作業は1日では終わらないため、紫外線がコラーゲンを継続的に分解すると修復が追いつきません。

美肌を目指すのであれば、日焼け止めや日傘で紫外線対策を行うことが必要です。

コラーゲンドリンク(飲むコラーゲン)を飲み続けたらどうなる?期待できる効果は?

コラーゲンドリンク(飲むコラーゲン)を飲み続けたらどうなる?期待できる効果は?

管理栄養士

コラーゲンの魅力は、少しずつ解明されつつあります。

ここでは、コラーゲンに期待できる美容サポートを紹介します。

肌の潤いをサポート*

肌の潤いをサポート

管理栄養士

乾燥から肌を守るために、化粧水や美容パックで対策をしている方は多いのではないでしょうか?

「洗顔後やお風呂上りに保湿を徹底している!」という方が多く、コラーゲンやヒアルロン酸入りの保湿剤の利用は、今や当たり前に行われています。

いくらスキンケアをしていても、コラーゲン不足だと乾燥肌は改善しません。

そのため、コラーゲンだけでなく肌の水分量を増加させるヒアルロン酸の活用もオススメです。

ヒアルロン酸には肌の水分量を増加させ肌の潤いに役立つ作用があります。

ヒアルロン酸を摂取すると大腸で低分子に分解され、皮膚や血液の中へ運ばれます。

皮膚へ運ばれたヒアルロン酸は、肌の水分量を増加させ肌の潤いに役立つのです。

ヒアルロン酸の機能性表示食品を飲むタイミングは、コラーゲンを摂取するタイミングと合わせると飲み忘れの防止に繋がるのでオススメです。

補足情報

コラーゲンの代謝は長い時間がかかりますが、ヒアルロン酸は短い時間で分解されて生成します。

皮膚の中でヒアルロン酸は1日で50%が分解されて新しく生成されるので、私たちの肌の潤いは守られているのです。

肌を乾燥した状態のままにしておくと、肌の防御機能が下がってしまい、肌荒れ、シミ、シワ、たるみなどを引き起こします。

肌の防御機能が下がることで、皮膚からヒアルロン酸などの保湿成分がでていきやすくなります。

そのため、乾燥肌を放っておくことで、さらに肌の乾燥が進むという悪循環に陥るのです。

肌の潤いを保つため、コラーゲンが不足することのないようにヒアルロン酸も上手く活用しましょう。

*機能性表示食品に限る

関節や骨の働きをサポート*

関節や骨の健康増進

管理栄養士

日本では、高齢者の6人に1人が “低栄養”の傾向にあります。

“低栄養”とは、身体に必要なコラーゲンなどのたんぱく質が不足している状態です。

低栄養状態が続くと、身体機能がどんどん低下していき、介護が必要な寝たきり状態へと繋がります。

もちろん低栄養状態で不足しているたんぱく質というのは、コラーゲンだけのことではありません。

しかし、コラーゲン不足は皮膚だけでなく、関節や骨にも大きく影響を与えるので、健康増進のためにはコラーゲンはとても重要です。

コラーゲンは軟骨組織の主要な成分であり、骨量の90%を占めます。

関節や骨に存在するコラーゲンは、外部から身体に加わる衝撃を和らげるクッションのような役割をします。

コラーゲンは身体でつくることのできるアミノ酸でできています。

しかし、体内でコラーゲンをつくる力は、年齢とともに衰えていくのです。

ワンポイント

年を取ると関節痛や骨折リスクが高くなることに悩まされますよね。

年齢による身体の変化は、アミノ酸から必要なたんぱく質をつくる力の衰えが要因の一つです。

さらに、コラーゲン分子が老化することも明らかになっています。

“関節や骨の機能が衰えること”は、“生活の質を落とすこと”になります。

  • 加齢により食が細い
  • 夏バテで食べられない
  • 偏食で甘いものしか食べない

上記のような食事に悩みを抱えている方は特に“コラーゲンドリンク(飲むコラーゲン)”を活用することをオススメします。

もしも「膝や腰などの関節痛がずっと続く」といった症状がある場合は、整形外科医などの専門家に相談してください。

*機能性表示食品に限る

コラーゲンドリンク(飲むコラーゲン)はいつから効果でる?

コラーゲンドリンク(飲むコラーゲン)の即効性は?いつから効果でる?

管理栄養士

各メーカーの“コラーゲンドリンク(飲むコラーゲン)<いわゆるコラーゲンドリンクの効果についての商品説明に目を通してみてください。

「継続することが大事です」という記述が多いと思いませんか?

“コラーゲンドリンクの効果がいつから現れるのか”については明確な根拠がありません。

そのため、メーカーは法律に従った明記をするしかないのです。

しかし、“コラーゲンドリンク(飲むコラーゲン)”と“コラーゲンペプチド単独”の摂取を比較することはできます。

コラーゲン単独を摂取するよりも、コラーゲンドリンク(飲むコラーゲン)の摂取をする方が美容や健康増進の効果を実感しやすいと考えられます。

コラーゲンドリンク(飲むコラーゲン)は効果が高い

コラーゲンドリンク(飲むコラーゲン)は即効性が高い

管理栄養士

コラーゲンだけでなく、ビタミンも配合されている商品は、効果が高いと考えられます。

多くの飲むタイプのコラーゲンドリンクの商品には、ビタミンなど美容サポート成分が配合されています。

“コラーゲンドリンク(飲むコラーゲン)”は、コラーゲンを単独で摂取するよりかは美容や健康増進を実感できる可能性が高いです。

美容や健康増進を実感するためには、一つだけ注意することがあります。

注意

“コラーゲンドリンク(飲むコラーゲン)”の効果を高めるために、“糖化”ということに気を付けなければなりません。

“糖化”とは、食生活において糖分を摂りすぎてしまうことで、血液中に糖が多く存在し、身体のたんぱく質と糖が手を組むことです。

たんぱく質と糖が手を組むと、老化物質をつくりだし、細胞を劣化させます。

コラーゲンもたんぱく質の一種なので、糖化をすることがあります。

コラーゲンと糖が手を組む場合も、老化を促進させ、肌のハリや弾力を低下させるのです。

“コラーゲンドリンク(飲むコラーゲン)”には糖分が含まれているものが多くあります。

効果を高めるために、さらに甘い飲料水を飲むなど糖分を追加で摂ることがないようにしましょう。

糖化を防ぎ、“コラーゲンドリンク(飲むコラーゲン)”の効果を高めるためには、糖分を摂りすぎないことが何よりも大切です。

コラーゲンペプチドは2ヶ月から6ヶ月かかる

コラーゲンペプチドは2ヶ月から6ヶ月かかる

管理栄養士

細かく分解してあるので、コラーゲンを食べるよりも、体に吸収されやすくなっています。

コラーゲンは動物性と植物性のうち、動物性の食品にだけ含まれます。

サプリメントとしてコラーゲンが抽出される際には、一般的に魚か肉が用いられています。

魚のコラーゲンは肉に比べると分解されやすいことが特徴としてあります。

そのため、魚から抽出したコラーゲンをさらに低分子に分解して吸収をよくしたコラーゲンペプチドの商品が多く販売されているのです。

しかし、残念ながら、摂取前にコラーゲンを分解して吸収をよくしても、効果がでる期間が変わるとは限りません。

コラーゲンペプチドを摂っても、“私たちの体内でコラーゲンが生成されやすくなる”ということにはならないのです。

コラーゲンの代謝

コラーゲンの代謝はとても長い時間がかかります。

分解されて新しく生成する一連のサイクルに、皮膚は数か月、関節や骨は数年も要します。

また、このサイクルは加齢とともに長くなるのです。

「身体は2~3か月で生まれ変わる」ときいたことがあるかもしれません。

身体の部位によってサイクルは異なるので、すべての部位が2~3か月の間に分解されて新しく生成するということではありません。

年齢や運動量、食生活によっても、骨や皮膚に蓄えられたコラーゲンのサイクルは変化します。

多くの人が当てはまる効果がでる期間を示すのであれば、2か月~6か月間の可能性が高いと考えられます。

少しでも効果がでる期間を短くしたいですよね。

そのためには、コラーゲンペプチド単独ではなく、ビタミンCを一緒に摂取することをオススメします。

まとめ|コラーゲンドリンク(飲むコラーゲン)は摂取タイミングが大事!

まとめ|コラーゲンドリンク(飲むコラーゲン)は摂取タイミングが大事!

目標を達成するためには、小さな成果の積み重ねが必要です。

結果が目に見えて現れないと、努力をし続けることは難しいですよね?

“コラーゲンドリンク(飲むコラーゲン)”を継続して摂取することも同じです。

美容を目指すとき、結果は目に見えるので、効果を実感することができるかもしれません。

“コラーゲンドリンク(飲むコラーゲン)”を飲み続けたら、美容や健康増進に期待ができます。

管理栄養士

この記事を通して、コラーゲンの魅力を知り、少しでも継続意欲を持っていただければ何よりです。

まずは、“コラーゲン”を継続的に摂取するために、自分に合ったタイミングを見つけましょう。

※この記事はPRを含むため、薬機法医療法適法広告代理店規格のYMAAマークを取得している、薬機法、医療広告ガイドラインの知識を習得した広告取扱者により記事のチェックをしていただき、この記事を作成しております。対応していただいている広告取扱者の資格はこちら。※個人情報保護のため個人名は伏せています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です